冬ざれの野は荒浜に続きけり    町田 良

 季題は「冬ざれ」。淋しげな冬景色である。田畑ではない冬の「荒地」を防砂林などを横目に辿って歩いて行くというと、いつの間にか荒々しい浜辺に出ていたというのである。湘南の海などを頭に描いていると、なかなか想像しがたい景であるが、地方へ行けばありふれた景色である。

 「荒浜」にあるものは何年もの間に漂着した「汐木」やら、舟の部品やら、ペットボトルやら。その奥に広がる海原には冬浪が弾けて、風に飛沫が飛ばされている。しかしこの「荒浜」も春になれば、ほっとするような「季題」に満たされることにもなるのであろう。 (本井 英)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください