主宰近詠(2021年4月号)

胴を輪切りに 本井 英

恵方とて島影ゆるぎなかりけり

柳箸二膳は淋しからざるや

ことしより二病息災寝正月

土間隅は凍つてをりぬ嫁が君

灯して仏間ゆゆしや嫁が君



癪に障ることのかず〳〵嫁が君

ひくひくと鼻が可愛いや嫁が君

人日や胴を輪切りに診る検査

寒垢離へ裸電球たどりゆく

寒垢離の欅のやうな胴まはり



寒垢離の行著ひつたり貼りつける

寒垢離や一口(ヒトフリ)焠ぐ志

寒垢離を済ませそれぞれ闇に消ゆ

峰寺のにぎはふとなく初薬師

祈ぎごとはもとよりひとつ初薬師



ヘリが吊るぐるぐる巻きの凍死体

凍死救ひし大犬の物語

乗り換へし膝に日射しや梅探る

老いぬれば指がぎしぎし梅探る

探梅の自分土産の柚餅子かな

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください