主宰近詠(2020年12月号)

阿鼻叫喚を       本井 英

海紅豆阿鼻叫喚を吾知らず

蟬声のカタカタ・カタと止まりけり

葛の花高きはさらに風ゆたか

芋虫は嘶くやうに身を反らし

芋虫の疣足もんぺばきにして



たぐり寄すれば菱の実もこぞり来る

峰近み水仕の水も澄みわたり

箸茶碗漬けつぱなしに水澄める

作庭とて愉しからんや水の秋

新しき庭の明るさ白式部



佳き風に小つぶ小つぶや新松子

衛兵のやうにゐならび蘇鉄咲く

灸花莟ながらに幾つづれ

松手入済みしばかりを風通ふ

浜へ出る小さきトンネル昼の虫



分岐して茎たくましや滑莧

ひるがへるちぬと目が遭ひ河澄める

浮かび出て鯉の口の輪秋の水

雨ながら水の秋なるお庭かな

榠樝の実小さくこまつしやくれたる

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください