利根川の夜明けを告げて行々子  北村武子

 季題は「行々子」、「葭切」である。南方から渡来する夏鳥で、「ギョギョ、ギョギョ」と大声で叫き立てながら、水辺を移動してまわる。「利根川」は坂東太郎の異名を持つ関東の大河。滔々たる流れのあちこちに、豊かに広がる芦原を従えている。早朝、その一角で「行々子」が囀りを始め、そんな頃、東の空は明るみ始め、「利根川」の今日が始まろうとしているのである。

 一句は「明易」の河辺の景を描いて気持ちの良い句であるが、それは作者の心の張りが、緊密な措辞と朗々たる声調となって詠われているからである。(本井 英)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください