雑詠(2020年7月号)

伝へばや二人の桜咲き初むと			牧野伴枝
手作りのマスク姉より文添へて
後退りしつゝ初花確かむる
花の句を遺愛のペンで清書する

両腕で鎖を抱へ半仙戯			藤森荘吉
春障子内より声の洩れて来し			山内裕子
木曽川に机を洗ひ卒業す			近藤作子
その中に陰とぢこめて雲の峰			藤野 澪

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください