主宰近詠(2019年11月号)

花野にあり 本井 英

片陰に踏み込めば風流れをり

法師蟬の声調にある折り返し

青ければ青を誇りて金鈴子

藻の花や養鱒場に棲む家族

見えてゐて小鯊ぞすばしこかりける



   

石ノ湯稽古会 十五句

鮠涼し流れてはまた遡り 作り滝聞いてをるなり訃音胸に すでにして地啼にもどり露葎 生きてゐるだけで(オン)の字この花野 乱雑にして虎杖の花盛り




日が射せば木道秋のぬくもりに

竜胆の想ひ出どれも我若き

懸巣かしまし枝うつり樹をうつり

餌を追うて岩魚が走り下るとき

花野囲みて熊・羚羊の棲める森




岩魚沢とは水落とし水落とし

花野にあり(ハフリ)に参じ得ぬままに

羚羊の声のヒューンと露けしや

熊笹は硯のごとく露を溜め

水澄めば(アケ)を帯びたり鮠の鰭

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください