雑詠(2019年8月号)

潟船へ月の歩板の高々と		藤永貴之
禁苑に残る御文庫終戦日
星月夜火星またゝくことをせず
月あかり舟は潟土に乗り上げて
女郎蜘蛛の夫や死ぬまで居候

お呉れよと言へぬ雀の子のあはれ	稲垣秀俊
加湿器のぼここぼぼこと春の夜		望月公美子
教会の扉のあいてゐるイースター		冨田いづみ
金鳳華清滝道といふを来て		山内裕子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください