主宰近詠(2019年8月号)

花宰相     本井 英

わけもなく立夏がうれしかりしころ

磨硝子つつじの(アケ)を伝へたる

夏潮の碧きに飽きず章魚を釣る

令和元年五月との魚拓かな

入港の漁船を卯波追ひ止めず




風呂をいただき麦飯にもよばれ

蚕豆をただ焼くだけの馳走にて

地の底に清滝川や若楓

蕗原を水音伝ひをりにけり

蕗原もありてかしこき辺りかな





隅田川を眼下の暮らし業平忌

在五中将と慕はれたる忌日

葬儀社のてきぱき動く薄暑かな

栃が咲きニセアカシヤが慕ひ咲き

つばくらめ青と見え紫と見え




泥波の起こりては止み代を搔く

代搔の仕上げ対角線にかな

届きをる早苗撫づれば心足る

芭蕉玉巻くきゆつきゆつと音しさう   
     
百官の居ならぶどれも花宰相

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください