雑詠(2019年5月号)

穴ぐらのごとき入口霜の城			渡邉美保
底冷の廊下の奥に洗面所
漱石の旧居の縁に冬日浴ぶ
凍土に花の名札のたちならび

料亭の雑煮頂く女正月			岩本桂子
麦の芽やキハヨンナナのたらこ色			杉原祐之
寒灸に掌の汗ばんでをり			原 昇平
底冷の急階段を武具の間に			梅岡礼子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください