コンバインのライトが帰る刈田道   磯田和子

 季題は「刈田」。「コンバイン」は本来「複合」の謂いであるが、ある時期から日本では稲の「刈り取り」と「脱穀」を一台でこなすトラクター形農機具のことを指すようになっている。したがって筆者としては「コンバイン」だけで充分秋の季題たりうるものと認識しているが、掲出句のように従前からある「刈田」をいう季題のもとで詠むというのも、言葉の過渡期にはあっては然るべき手立てであろう。

 一日中、朝から働きづめの「コンバイン」。勿論作業に携わっている農民も疲れていることだろう。しかし、天候の状態などを勘案すれば、今日は日が暮れるまで野良で働かざるを得なかったのであろう。真っ暗な農道をゆっくり下っていく「コンバイン」の「ライト」。その仄暗い光りの中に、疲れと安堵が見える。(本井 英)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください