雑詠(2019年1月号)

からまつて落ちゆく泥鰌放生会     矢沢六平
蟷螂の猛り続けて転げけり
夕月や蔵の框に猫の皿
鈴虫のながく鳴き止む夜更かな
コスモスやダム湖へ続くダンプ道

甘蔗畑の先に不意に崖        小沢藪柑子
日没りてなほもしづれる雪のある    藤永貴之
俳壇の遠くにありて初句会       前北かおる
忘れたる頃にずどんと威銃       井上 基

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください