雑詠(2012年12月号)

時雨るゝや虚子の堅田を訪ぬれば	藤永貴之
冬耕や樹々に夕日が切れ切れに
狐火の糸の切れたるごとく散る
一つ売れ一つ足されて飾かな

次々と浴衣の少女降りる駅		牧野伴枝
良い夢を見んとて布団干しにけり	山口照男
芭蕉葉の破れ芭蕉葉の影の破れ	原 昇平
撒水器カタカタカタカタ向きを替へ	田中温子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください