主宰近詠(2012年5月号)


 名も佳けれ    本井英

白鳥の翔くる項に力充ち

白鳥の哀訴の充つるみ空かな

屋根の雪チーズの如く垂るるかな

しづりては煙れる雪や杉生黒

沖とほく大島が見え雪が見え




国宝の城とて小ぶり春の月

一城や行く水遠く暮遅く

釣具屋の裏の水路も鱵来と

建国の日の蜑路地の日章旗

人皇と呼びて讃へて建国日




茹でこぼす湯にもうすうす若布色

若布乾く音の軽さの翌朝

日はさらに風も叶ひぬ若布干す

春寒の猿山や悶着もなく

ホ句始め山河いとしと思ふべし




江戸城に濠の幾面 水温む

下萌えて第三駐車場ひろし

早春の入日に染まり河の町

笑ふなる愛鷹山は名も佳けれ

月のおまけのひと日雪しづか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください