イワン・デニーソヴィチと一ト日落花生 茂之 (泰三)

 まだまだ寒い日が続いております。いかがお過ごしでしょうか。

 落花生は、秋の季題。虚子の句に

落花生喰ひつつ読むや罪と罰

があるが、この句は、落花生を食べながら、『イワン・デニーソヴィチの一日』を一日中読んでいるという句。落花生は、読書のお供に持ってこいの食べ物だ。この小説には、淡々とイワンの一日が描かれている。長い時間『イワンの一日』を読んでいるうちに、あたかも「イワンと一ト日」を過ごしているように感じた。特徴的な小説の原題を上手く使って一句に仕上げた句である。博識な作者ならではの句だと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください