見習のちらりとタトゥー三尺寝 やすし (泰三)

帰省して、福岡の俳人と腹一杯句会ができて大満足の泰三です。皆さんは、いかがお過ごしですか。

季題は三尺寝で昼寝の傍題である。

虚子編歳時記には、「三尺寝は職人らが狭苦しい場所で午睡をすることをいふ」と解説される。 この句は、解説通り、狭いところに職人たちがひしめき合ってねむっている。 その中の一人の最も若い見習いらしいものの袖口からタトゥーがちらりと覗いている。昔ながらの龍や牡丹といったいかにも・・・と言ったものではなく、あくまでファッションとしてのタトゥーであろう。髪の毛も茶髪に違いないと勝手に想像した。

&nbsp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください