角川『俳句』1月号_(杉原)

角川『俳句』1月号_(杉原)

角川『俳句』1月号

角川『俳句』1月号が出版されました、
先日、町田優さんと藤永貴之さんの第零句集評を書いてくださった、涼野海音さんが受賞された第三回石田波郷新人賞の受賞作が掲載されています。
また、前北かおるさんの一句が「時評」で高山れおなさんに紹介されておりまると共に杉原が「新年新鋭競詠7句」に大変ぬるい句を発表しております。
どうぞご覧下さい。

角川『俳句』1月号_(杉原)」への2件のフィードバック

  1. 海音
    こんにちわ。大掃除の途中に2年前の「俳句 平成22年 1月号」をみつけました。杉原さまは新年詠の常連メンバーの一人だったのですね!「破魔矢持ち船に乗込む自衛官」「輪飾を引掛けてある重機かな」などミリタリーな新境地へと、まい進されていたご様子。(たしか「装甲車洗ふも御用納めかな」という句も記憶してます) 追伸 増殖する俳句歳時記で本井主宰の年忘の句が紹介されていましたよ http://zouhai.com/
    返信
  2. 祐之 投稿作成者
    海音さん 毎度ご覧頂きまして有難うございます。 新年詠は3,4回出して貰っています。相変わらず冴えない句です。 一応「輪飾」の句は、重機なのでミリタリーではありません。ワンパターンなのでお叱り下さい。 「増殖する俳句歳時記」の件、有難うございました。全然気がついていませんでした。
    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください