主宰近詠(2022年1月号)

遺愛の庭 本井 英

青々とつやつやと新松子なる

新松子にそだつ緑の雨雫



川端龍子旧邸 四句

大森はむかし郊外椎の秋 その画家の遺愛の庭の木守柿 木瓜の実のいびつも画家の愛しけん 上品に浅きなぐりや縁の秋





この庭の「木曽路」が好きや秋はさらに

姫沙羅の木肌あかるし小鳥らに

山雀はすこし濁声可愛らし

境内にキッチンカーや柿の寺



咲きつぎて茶の花は褒められもせず

野良道に小さき乗 越(ノッコシ)草の花<

谷戸池へ風呼んでいる荻の指

長旅の疲れをいやす浮寝とも

お行儀に大根の株まだ幼な



峠閉づる大きなゲート草紅葉

草紅葉峠の茶屋は疾うに閉ぢ

実千両色づく前の変な色

をみならに触れられてをり蘇鉄の実

女郎蜘蛛君臨したり雨の空

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください