雑詠(2017年5月)

ふと夫のゐる気配あり初鏡       根岸美紀子
迎春とある本殿を遠拝み
寒晴や機影は銀に光りつつ
翡翠に出会ひしことも女正月

目白どち仲間増やして戻り来し     永田泰三
餅花に残れる指の形かな        原 昇平
寒雀咥へし猫の横切れる        坂 廣子
川に沿ひ線路に沿ひて福詣       近藤作子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください