雑詠(2017年4月号)

小父さんが去り山雀もゐなくなり    児玉和子
枯芝を見渡す石の露台かな
綿虫や石の露台に石の椅子
綿虫の細かに震へながら飛ぶ

楮蒸す足助の空に湯気の立ち      大山みち子
一時間半も歩いて狩の宿        小沢藪柑子
エンディングノートなど書き日短か   井上 基
父母と錦市場(ニシキ)の話酢茎食ぶ   冨田いづみ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください