雑詠(2017年1月号)

雨月かな畳敷きなる中廊下       児玉和子
金蛇の心拍二つ二つ打つ
羽目板を繕うてあり獺祭忌
秋冷や子規枕頭の地球儀に

のうさばを吊りて空家の軒の鉤     藤永貴之
子規庵の庭のそこここ蚊遣香      木村美智子
川風が花葛の香を寄せて来し      田中 香
蟷螂の啖(クラ)ふや翅は散りこぼれ   青木百舌鳥

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください