雑詠(2016年12月号)

わたくしが真ん中夏の大三角          磯田和子
老鶯や川筋烟る旅の朝
蟬穴へ亭午の日射し届きをり
くちづけと云ふは真つ赤なトマトの名

南瓜ひとつ腹のあたりで渡しけり    田中 香
一の橋二の橋皐月三の橋        宮川幸雄
喪服着てやゝ児あやして百日紅     永田泰三
山裾に沿うて落ちゆく冬日かな     藤永貴之

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください