花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第51回 (平成17年11月11日 席題 八手の花・鷲)

厳然と住持の墓所や木の実降る

 これはなかなかうまく行っているお寺ですね。住持のお墓がかっちりあるというのは、経営がうまくいっている。古くからの裏山も売らずにあって、木の実降るというのもいいと思います。

長城の果つる峰にぞ鷲の棲む

 やはり八達嶺なんでしょうね。西へ行くと、嘉峪関がはずれなんですが、砂漠の中でとても鷲の棲めるような所ではない。長城は日本で考えるより、ずっと急峻な尾根についているということが、むこうへ行ってみるとわかる。なるほど、鷲と似合うと思いますね。

一行の降り籠められし紅葉宿

 これもいいですね。別に旅館でなくても、茶店でもいい。窓越しに染まった紅葉が見えているんだけれども、ともかく降られてしまったので、寒くてしょうがない。熱いお茶でも飲みながら、雨の止むのを待つんだけれど、背中が濡れて寒い。元気のいい男の人は一杯飲もうかと言う。そんな一行のさまざまな反応が想像できて、面白かった。

天草にルルドの聖母茨の実

 これ、面白い句ですね。ルルドのマリア様の像は、東京のカテドラルのもあったと思いますが、世界中にある。この句の面白いのは、天草の乱の悲劇よりずっと後に、ルルドのマリアの出現というのがある。ルルドの聖母の出現というのは、江戸の終わりから明治の頃(十九世紀半ば)。天草の悲劇はそれよりもずっと前(千六百三十七—八年)。天草に残っている信者さんが、ルルドの話をその後聞いて、そのマリア様をお祀りしているというのが、すごく面白くて、この句、複雑な句で、いいと思いました。茨の実も適っていると思いました。

嘘悲しく病棟出れば柿落葉

 これも、しんみりして、いい句でしたね。花丸を上げたいぐらいなのは、「嘘悲しく」の字余りが本当にいいです。これが「嘘悲し」だと、全然悲しくないです。勿論、普通に鑑賞すれば、大変な重病で、それを患者に言えない。嘘をついて、出てきた。というのが、まっとうな鑑賞ですが、そうでなくても、患者さんがわかっているのに、嘘をついて、強がっているなんていうのも、一つの鑑賞で、いろんな方向から鑑賞できる、懐の深い句だと思いました。「病棟出れば」で、「病院出れば」ではない。まだ病院の敷地内。病院の敷地内の柿落葉なんです。そうなると、都会ではない、郊外の病院かもしれないということが想像できて、そうすると見舞にすこし時間をかけて来たのかもしれない。そうだと重病かもしれない。とか、いろんなことが感ぜられて、この句はなかなか上等な句でした。

茶の花や指図の僧の声太く

うまく行っているお寺ですね。これもね。大きなご法事があるんで、張り切って指示をしている。その法事の前の興奮ぶりが出ている。それを鎮めるように、茶の花がひっそりと咲いている。

花八手ケンケンパーで日が暮れて

なるほど、子供の頃の遊び、石蹴りをしていてる。さっきまで、花八手の白が見えていたのが、ちょっと薄暗んでくる。あ、日暮れだから帰ろうという、久保田万太郎にでも、ありそうな世界だなという感じがいたしました。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第49回 (平成17年11月11日 席題 八手の花・鷲)

冬紅葉仙石原の美術館

 これも若干皮肉なんですね。又、美術館が出来てるようだよ。という、最近の日本の風潮というものに、それほど賛成してるわけでもないという感じ。それを、冬紅葉が語っているかなという感じがします。

喬木に白頭鷲の君臨す

 喬木という耳慣れないことばを使ったところが、面白いと思いましたね。高い木の若干植物学的な物言い。灌木に対して、喬木ということでしょ。喬木ということで、若干エキゾティックな感じがあって、そこに白頭鷲と言われると、アメリカ合衆国という感じがしますが、「君臨す」の格が合っているから、格としての世界は一つこれで完結しているなあと思って、面白いと思いました。

いづこにぞ鷲宿るらん遠き峰

 遠い峰を見ていて、どこかに鷲がいるらしいんだけれども、どこなのかしらね。見えるわけもないんだけれども、いることだけはわかっているという感じがあって、これもなかなか誠実な句作りの方法ですね。

夕闇に一粒の星冬来る

 これもいいですね。いかにも、冬来るの感じがあって。ちょうど今、火星の大接近があって、おそらく火星をご覧なったんでしょうが、火星を知らなくても、夕闇にプラネットが一つあるという感じがあると思います。

破れ蓮の大池めぐる大回廊

 これもちょっとエキゾティックですね。余り日本的でないような感じがいたしました。大体キリスト教でも仏教でも、大きな回廊があって、そこに学僧が歩きながら、形而上学的なことを考えるというのが、洋の東西を問わずあるようで、この大回廊にも、若干そういう学というものが、背後にあるという感じがしましたですね。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第48回 (平成17年11月11日 席題 八手の花・鷲)

初冬の御慶事近き重警備

 これは一つの挨拶の句。あるいは時の句ですね。こういうのがあっていいと思いますね。あんまり写生写生といって、眼前の句を、客観写生だけすればいいんだと言っていると、俳句が痩せてくる。こうした時のご慶事を種草として詠むというのも、挨拶の句の一つのありようだと思います。

髪染めし娘も畏みて爐を開く

 「爐開き」が季題ですね。風炉で座敷の中で動いていた風炉が終わって、爐が開かれて、爐開きになった。「髪染めし娘も」というので、やっと茶髪っぽいということがわかるけれど、髪染めし人といえば、年配の人が髪を染めていることになるので、これはなかなか危険な使い方ですね。

生垣に茶の花の白点々と

 平凡な句のように見えるけれど、リズムがいいですね。そして一つ見えたら、次々見えたというプロセスが、この語順から見えてくると思います。

秋天にランナー街を埋めつくし

 どなたか「ランナー街」とお読みになってたけど、そう読まれる危険がある。 ふつつかとは言いませんけど、若干不注意な部分もあるかもしれません。でも、この句の面白いのは、いかにもシティーマラソン。いかにも健康志向の人たちが寄り集まっているという、ちょっと悲しい気もするんだけれども、そういうことを皮肉を籠めて、面白いと思います。

止まり木をむずと掴みて檻の鷲

 なるほど止まり木は鳥が止まる為にある止まり木が原義で、バーにある止まり木はその次に使ったことばなんだけれど、こう言われてみると、檻の鷲がバーに来たような感じが若干する。ま、そんなことをおいて、「むずと掴みて」というところに猛禽類、しかも猛禽類の王者と言われる鷲の感じが出ていると思います。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第45回 (平成17年11月11日 席題 八手の花・鷲)

花八手故宮の奥へ続く道

一目、北京の句だろうということですが、なるほど、石をずーっと敷き固めたような所での、あちこちに前栽のような植え込みがある。その一つに花八手があった。「故宮の奥へ続く道」ということで、故宮の規模の大きさと、建物の感じが奥へ奥へあるという感じが、なるほど冬を迎えた北京の感じかなと思いました。

山頂の散り尽しをり紅葉山

 よくものを見てますですね。東山魁夷の絵のその後みたいな感じで、全体が紅葉山になっていたのが、いつか上の方が枯れてしまって、そこだけ茶色っぽくなってしまっている。そこが一つ俳諧なんでしょうね。山頂までびっしり紅葉だったというだけでは、ありそう過ぎて、らし過ぎて、採らないけれど、それが頃を過ぎて、山頂は枯れているというのは、俳句らしい写生の目があるなと思いました。

長城にせまる野山の錦かな

 もともとは長城は木立のないような所だったかもしれませんが、八逹嶺辺りへ行くと,今や豊かな森になっています。そこが野山の錦があるというんだけれど、「せまる」というところで、長城の持っている歴史、外から夷狄が迫ってくる、そんなことばの印象があるかなと思いますね。これをあんまりやってしまうと、俳句が臭くなってしまうので、まあここまでかなと思いますね。

連れだってちょっと近所の酉の市

 これ、面白いですね。勿論、鷲(おおとり)神社。もともとは三島大社が酉の市の一番の根源なんですが、それから江戸のもっと北の方の、足立区の先の方にあったんですが、その酉の市が博打で有名で、お取り潰しになったんで、今の場所が健全な酉の市となった。(と言っても、その日は吉原がたいそう賑わった。)

檻の内半眠の鷲動かざる

 寝ているんだか起きているんだかよくわからない。よく見れば、目が覚めているんだなというような、そんな鷲の感じがあって、いかにも檻の鷲の句として上出来です。