花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第68回 (平成18年2月10日 席題 実朝忌・片栗の花)

極小に芽生えいろいろ春隣
元の句、「ごく小さき芽生えいろいろ春隣」。季題は「春隣」で、冬の季題です。「芽生え」とか、「もの芽」とか、「ものの芽」、「名草の芽」とか、芽に関する春の季題はたくさんございます。従って、「芽生え」と言ったら、春の季題になってしまいますね。敢えて、「春隣」と言ったところに、ごくごく小さい芽が、それでももう見えているんだというところに、観察の面白さがあるんだと思います。ところが、原句の「ごく小さき」とか「ごく小さく」とか言ってしまうと、そのまま、ことばで説明してしまっている。それを言うよりは、「極小に芽生え」と言った方が、ずっとそこには詩がある。「ごく小さき」と言うと、「ねー、ねー、聞いて。」「あのね、小さいのよ。小さいのよ。」と、盛んに読者に知らせようという気持ちが強く出てしまう。詩というのは、読者に知らせようという気持ちよりは、自分の口をぽっと出て来た、そんなリズムが大切で、「極小に」と言ってしまった方がいい。
朝市の蕗のとうから捌けゆく
これはいかにも蕗のとうというものを表しています。どこが「蕗のとう」の面白さかと言えば、早く出るから面白いんです。つまり「蕗のとう」の旬は、もう旬ではないんです。昔から走りは珍重しますが、特に蕗のとうは走りが面白い。「あ、蕗のとうが出たんだ。」という楽しさで、その香りを楽しむものですね。虚子の句に「とくくれしこころざしやな蕗のたう」(字遣い未確認)というのがあります。早くに亡くなってしまった、島村元(はじめ)さんという方がいまして、慶應の先輩で、大金持ちの子息で、体が弱くて、専門の俳人になろうと思っていたのに、三十になったかならずかでしょうかね。大正十二年の七月だかに死んだんです。その未亡人が、その何年か後に、虚子の所へ鎌倉の家の蕗のとうを届けてくれた。それの返礼の句。若く死んだ、才能豊かな青年俳人の未亡人が蕗のとうを贈ってくれた。それだけのことなんだけれど、この句の場合、「とくくれし」がすごく意味がある。ぱっと見てみつけて、採って、もうすぐくれた。というところに、蕗のとうらしさがある。蕗のとうは早いから面白い。雪の中から採ったから、面白い。朝市に出たら、ほかに乾物などもある中で、蕗のとうが珍重されて、すぐ売れるのもなるほどな。飛騨高山の朝市だろうが、輪島の朝市であろうが、朝市だったらそうであろうな、ということがよくわかる句で、なかなか周到な句だと思いました。
御寺より一升枡の年の豆
  どういう事情でどうだか、よくわかりません。ただ檀那寺から、厄年かなにかなんでしょうね。一升枡で年の豆を送ってくる檀那寺があった。というふうに、僕は想像しました。一升枡にたっぷり年の豆を送ってくる檀那寺があるということは、お布施を普段たくさん出しているんだろうな。と、そんな檀越(だんおつ)と檀那寺との昔ながらのいい関係があると思いました。
清々と菊菜の苦味腑に落ちる
この句は「腑に落ちる」がなかなか洒落ていますね。五臓六腑とも言いますが、胃の腑に落ちたんでしょう。つまり香りを楽しみながら、春菊を食べて、その香りを苦みと共に、ごくんと飲み込んだ、その気分を「苦みが腑に落ちた」というのが、面白いですね。僕ら、日頃、「腑に落ちない。」などと言っていますが、このことばを原義的にお使いになったところが面白いし、「清々と」というのも、この季節感を表しているなと思いました。
杣小屋の前に咲かせて花かたこ
これは、それらしい句ですね。杣は樵というか、もともとは人工林が「杣」なんです。杣山というのは、自然林を杣山とは言わない。「わが立つそまに墨染めの袖」という百人一首がありますが、杣というのは人の手がはいったのが杣。杣小屋というと、森を管理している樵とか枝打ちをするような作業小屋。山の奥の方なんだけれども、そこにちょうど花かたこが咲いてをった。という句だろうと思います。
犬抱いて治療院へと梅の下
元の句、「犬抱いて梅花の下を治療院」。面白かったんですけれど、「治療院へと」というふうにお作りになったらと思いました。題材はすごく面白いです。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第10回 (平成17年2月18日 席題 梅・余寒)

解体のビルの大穴冬の晴

この句、すごく面白かったですね。どこかちょっとしたビルから隣の解体のビルを見たら、囲っている下が異様に空いていて、はは、そのことなんだということに気がついた。常識とか先入観をとり払って、言われてみればそういうことなんだよな。持ってくる季題が、「冬の晴」というのが、面白かったですね。「炎天」とかでは、辛くなってしまうし、「うららか」では、ビルは大きな穴の感じはしないし、「冬の晴」という感じが確かに面白いと思いますね。

今日の酒辛し白魚ほの甘し

元の句、「今日の酒辛く白魚ほの甘き」。「辛く」とすると、説明っぽくなってしまう。「辛く」だと、「今日の酒。」では「昨日の酒は?」となってしまう。いやなことがあって、「今日の酒は辛いな。でも、白魚が甘いから、まあいいか」という感じがする。「今日の酒辛く」にすると、「昨日の酒、一昨日の酒」が連想される。いいようだけれども、「白魚」が目に見えてこない。一中さんの心持ちは表に出るけれども、白魚がかすんでしまう。俳句は季題が表に出ないといけないから、「今日の酒辛し白魚ほの甘し」とした方が、白魚が生きますね。

早茹での菊菜の皿の青さかな

「菊菜」、「春菊」ですね。春菊というのは、匂いも強いし、色も若干がさつで、たとえば水菜などに比べると、一等位が低いと僕などは思っているんだけれども、でも、その春菊の皿が青々と見えたというのは面白いなと思います。香りの強さ、色の強さ、春菊の力強さがあっていいですね。

残寒に句友また一人帰らざる (訃報届く)

「句友また一人」、この字余りはいいんです。これが五・七・五ですっと行ったら、つらい思いは伝わりませんですね。わざわざ中七を字余りになさったことで、亡くなった方への哀惜の念が強くなると思いますね。

湧き水の湧き口あたり落椿

元の句、「湧き水の湧き口に浮く」。これね、皆さん、たくさん採っていらしたけれど、本当にそうかしらね。湧き水の湧き口に浮いていられるかしら。流れちゃうでしょう。だから湧き口には浮いていないんですよ。湧き口近くに引っかかっている。物理的に大変むずかしい状況だけれど、「湧き水の湧き口あたり」とすれば、湧き口のところに水が湧いているけれども、何かの事情で引っかかった落ち椿が浮いてをったという景になるんですね。俳句は嘘は困る。作者が嘘をついているというわけではないけれど、表現がまずくて嘘になってしまう。これはまずい。

賑やかに梅見の人等旗立てて

元の句、「梅見の一団」。この字余りはよくない。しかもこの「の」が説明っぽくしている。旗を立てているんだから、おのずから一団でしょう。そしたら、人等でいい。「一団」ていうのは、屋上屋を重ねた表現になってしまう。普通の人達ではないな。00歩こう会とか、X X 老人会だなと。そうすると、しみじみとした梅見ではなくて、ちょっとしゃべりながら歩いての梅見。