花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第47回 (平成17年11月11日 席題 八手の花・鷲)

一面の銀杏落葉の海の中

 「海の中」がいいですね。つまり暗喩なんですね。如しと言わないで、銀杏落葉の海だと言い切ってしまっている。そこに力強さがあって、どこまでも明るい。僕は銀杏落葉は舞台のフットライトを浴びているような感じがよくするんですけれど、他の木と違って、湿っているもんですから、遠くへ飛ばない。歩いていても、音がしないでしょう。その明るさと、その平坦に散り敷いているところを、海と捉えたところがなかなかよい。

うち揃ひいざ快晴の紅葉山

 これ、面白いですね。紅葉狩りということなんですが、もともと観桜、観楓というのが日本人の中世以降の二大楽しみなんですが、その観楓、普通は行厨を持って行くんですが、この「いざ」というと、いかにも歩け歩けおじいさんみたいな感じで、「さー、いくぞ。」出欠を取って、全員揃いましたから行きましょうというような感じでしたね。

音も無く山茶花の散る日暮かな

これはいい句でした。地味な句だけれども、いかにも山茶花の感じです。椿ではないんです。椿だとぽとっといってしまうんですが、山茶花は一枚一枚しかもだらしなく散る。そのだらしない散り方が山茶花で、よくご覧になったなと思って、この句は感心しました。

参道の茶店の脇に大根畑

 あまり流行ってないお宮さんなんでしょうね。むかしはなかなか立派だったんで、今は落ちぶれて参道に茶店がちょっとあるような、大根畑になっている。昔は殷賑を極めた神様なのかもしれません。神様にも流行すたりがあるわけで、今はすたった状態になっておる。

旅にありてふと目覚めたる夜寒かな

 元の句、「旅にありふと(後略)」。「旅にありて」と、字余りになさった方が、夜寒の気分が出ると思います。「旅にあり(後略)」だと、リズムがよすぎて、夜寒の気分が出てこない。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第45回 (平成17年11月11日 席題 八手の花・鷲)

花八手故宮の奥へ続く道

一目、北京の句だろうということですが、なるほど、石をずーっと敷き固めたような所での、あちこちに前栽のような植え込みがある。その一つに花八手があった。「故宮の奥へ続く道」ということで、故宮の規模の大きさと、建物の感じが奥へ奥へあるという感じが、なるほど冬を迎えた北京の感じかなと思いました。

山頂の散り尽しをり紅葉山

 よくものを見てますですね。東山魁夷の絵のその後みたいな感じで、全体が紅葉山になっていたのが、いつか上の方が枯れてしまって、そこだけ茶色っぽくなってしまっている。そこが一つ俳諧なんでしょうね。山頂までびっしり紅葉だったというだけでは、ありそう過ぎて、らし過ぎて、採らないけれど、それが頃を過ぎて、山頂は枯れているというのは、俳句らしい写生の目があるなと思いました。

長城にせまる野山の錦かな

 もともとは長城は木立のないような所だったかもしれませんが、八逹嶺辺りへ行くと,今や豊かな森になっています。そこが野山の錦があるというんだけれど、「せまる」というところで、長城の持っている歴史、外から夷狄が迫ってくる、そんなことばの印象があるかなと思いますね。これをあんまりやってしまうと、俳句が臭くなってしまうので、まあここまでかなと思いますね。

連れだってちょっと近所の酉の市

 これ、面白いですね。勿論、鷲(おおとり)神社。もともとは三島大社が酉の市の一番の根源なんですが、それから江戸のもっと北の方の、足立区の先の方にあったんですが、その酉の市が博打で有名で、お取り潰しになったんで、今の場所が健全な酉の市となった。(と言っても、その日は吉原がたいそう賑わった。)

檻の内半眠の鷲動かざる

 寝ているんだか起きているんだかよくわからない。よく見れば、目が覚めているんだなというような、そんな鷲の感じがあって、いかにも檻の鷲の句として上出来です。