花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第48回 (平成17年11月11日 席題 八手の花・鷲)

初冬の御慶事近き重警備

 これは一つの挨拶の句。あるいは時の句ですね。こういうのがあっていいと思いますね。あんまり写生写生といって、眼前の句を、客観写生だけすればいいんだと言っていると、俳句が痩せてくる。こうした時のご慶事を種草として詠むというのも、挨拶の句の一つのありようだと思います。

髪染めし娘も畏みて爐を開く

 「爐開き」が季題ですね。風炉で座敷の中で動いていた風炉が終わって、爐が開かれて、爐開きになった。「髪染めし娘も」というので、やっと茶髪っぽいということがわかるけれど、髪染めし人といえば、年配の人が髪を染めていることになるので、これはなかなか危険な使い方ですね。

生垣に茶の花の白点々と

 平凡な句のように見えるけれど、リズムがいいですね。そして一つ見えたら、次々見えたというプロセスが、この語順から見えてくると思います。

秋天にランナー街を埋めつくし

 どなたか「ランナー街」とお読みになってたけど、そう読まれる危険がある。 ふつつかとは言いませんけど、若干不注意な部分もあるかもしれません。でも、この句の面白いのは、いかにもシティーマラソン。いかにも健康志向の人たちが寄り集まっているという、ちょっと悲しい気もするんだけれども、そういうことを皮肉を籠めて、面白いと思います。

止まり木をむずと掴みて檻の鷲

 なるほど止まり木は鳥が止まる為にある止まり木が原義で、バーにある止まり木はその次に使ったことばなんだけれど、こう言われてみると、檻の鷲がバーに来たような感じが若干する。ま、そんなことをおいて、「むずと掴みて」というところに猛禽類、しかも猛禽類の王者と言われる鷲の感じが出ていると思います。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第46回 (平成17年11月11日 席題 八手の花・鷲)

蕾とて苞とて無骨八手かな

 この句のいいところか、わるいところか、わからない。下五の「八手かな」の置き方がまことに不思議なリズムなんで、よいところと言えばそこかもしれないし、瑕と言えば、瑕かもしれない。どのみち、八手は蕾みの時は仏様の螺髪のような粒粒になってたのが、一つずつ離れてくると、花が咲く時になると、稲の花のような細い雄蘂が出てくるんですが、それが終わってしまうと、八手の実になる。こんど、竹の筒に入れて、鉄砲の玉になるんですね。ま、無骨だということは、たしかだと思います。

神前に小言いわれし七五三

 七五三のお参りに来たんだけれど、何か駄々を捏ねるもんだから、神前だけれど、小言を言われて、はんべそをかいてしまっている。元の句「神前の小言」。というと、神前の小言というのが、あるように聞こえてしまうので、「神前に」とした方が素直でいいでしょう。

将軍像視線の先に冬紅葉

 どんな将軍だかわかりません。坂上田村麻呂だって将軍だし、源頼朝だって将軍だし、あるいは家康だって将軍だし、フランスのフォッシュ将軍だっていいんですが、ともかく、武を張って立っているという人間の像が、今冬紅葉を見ている。というと、盛んな赫々たる戦功の時と、戦が終わって、段々ものごとが落ち着いていく静かさ。その将軍の像の目が冬紅葉を見ているなんていうことを考えると、冬紅葉の気分がよく出てますね。これが紅葉の盛んな時の感じでは面白くない。

梁太き部屋にねまりぬ蛇笏の忌

 此の頃、蛇笏が死んだんですかね。(忌日、十月三日)山梨県の境川村という村があって、そこの大百姓の息子で、東京の早稲田へ出てきて、早くに境川に戻って、一生アマチュアの大物みたいな俳人だったんですが、「梁太き」というので、甲州の大百姓の蛇笏の印象があると思いました。

秋天や眼下に博多志賀の島

 不思議な句ですね。秋天やというと、普通、下から見上げて秋天なんだけれど、この句は自分が秋天にいる。自分が秋天に舞い上がって見ると、「博多だわ。砂嘴がずーっと伸びているのが、志賀の島。」見た瞬間に志賀の島だとわかる。それをちゃんと詠んでいるところが、ちゃんとした手だなという気がしました。この句の面白いのは、下から見上げた秋天ではなくて、自分が秋天にいるという、芭蕉さんが聞いたら、びっくりするような句だなと思いますね。