花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第82回 (平成18年5月12日 席題 海亀・夏蕨)

主なきを知らぬふりして咲く牡丹
何か不幸があって、その家の庭に主ないことを知らぬように、牡丹が咲いておった。そう言えば、生前ここの主は、牡丹を自慢してをったことよ。「知らぬふりして」まで言ってしまうと表現としては味が濃いかもしれません。「知らざるままに咲く牡丹」ぐらいになさった方が、すんなり行くかもしれません。どの道、情の濃い句ですから、表現は若干すこしあっさりなさった方がいいかもしれません。
不調和につるの細々鉄線花
元の句、「不調和なつるの細さよ鉄線花」では、説明。「細さよ」という、大きな鉄線の花とつるが細いという不調和を見つけた作者の手柄が表面に出てしまっていて、諷詠になっていない。特にいけないのは「細さよ」と強調してしまっている。「不調和につるの細々」とすれば、それは表現になる。おわかりいただけますかね。「説明と表現、あるいは、説明と諷詠の違い」。それが大事ですね。
鐘楼に泰山木の花散れり
これはいい句ですね。こういう,いい表現でこようとするのでなくて、ある好ましい景を詠む。実に大切な世界で、これを忘れてしまうといけない。鐘楼があって、その近い所に泰山木がわさわさわさっと繁ってしまった。そこに大きく咲いた泰山木がぱらぱら散って、鐘楼の屋根にも積もる。ということだろうと思います。
夏蕨もてなす程の嵩もなく
これはもう全員が採ったような句ですから、解説の要もありません。ただ、先程の山荘の句と併せると面白いですね。夏蕨だわ。と採ったけれど、四五本。自分たちだけならいいけれど、お客様がいらしてお出しするには、あまりに少ない。ということで、とても素直にお作りになった句で、いやみがなくて、これがぽっとおできになるということは、俳句を作ってこられた至福ということができるでしょう。
母の日を祝ふことなく祝はれて
悲しい句ですね。今は母の日を祝いたくても、祝う母はいない。けれど、私は毎年祝われるんだ。私は祝われるよりも、祝っていた時の日々が、いかに充実した日々であったことか。といった、女の人の生涯のある時期の感慨といったものが、しみじみと伝わってくると思います。さらっと一気に言っている、表現もいいと思います。