花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第51回 (平成17年11月11日 席題 八手の花・鷲)

厳然と住持の墓所や木の実降る

 これはなかなかうまく行っているお寺ですね。住持のお墓がかっちりあるというのは、経営がうまくいっている。古くからの裏山も売らずにあって、木の実降るというのもいいと思います。

長城の果つる峰にぞ鷲の棲む

 やはり八達嶺なんでしょうね。西へ行くと、嘉峪関がはずれなんですが、砂漠の中でとても鷲の棲めるような所ではない。長城は日本で考えるより、ずっと急峻な尾根についているということが、むこうへ行ってみるとわかる。なるほど、鷲と似合うと思いますね。

一行の降り籠められし紅葉宿

 これもいいですね。別に旅館でなくても、茶店でもいい。窓越しに染まった紅葉が見えているんだけれども、ともかく降られてしまったので、寒くてしょうがない。熱いお茶でも飲みながら、雨の止むのを待つんだけれど、背中が濡れて寒い。元気のいい男の人は一杯飲もうかと言う。そんな一行のさまざまな反応が想像できて、面白かった。

天草にルルドの聖母茨の実

 これ、面白い句ですね。ルルドのマリア様の像は、東京のカテドラルのもあったと思いますが、世界中にある。この句の面白いのは、天草の乱の悲劇よりずっと後に、ルルドのマリアの出現というのがある。ルルドの聖母の出現というのは、江戸の終わりから明治の頃(十九世紀半ば)。天草の悲劇はそれよりもずっと前(千六百三十七—八年)。天草に残っている信者さんが、ルルドの話をその後聞いて、そのマリア様をお祀りしているというのが、すごく面白くて、この句、複雑な句で、いいと思いました。茨の実も適っていると思いました。

嘘悲しく病棟出れば柿落葉

 これも、しんみりして、いい句でしたね。花丸を上げたいぐらいなのは、「嘘悲しく」の字余りが本当にいいです。これが「嘘悲し」だと、全然悲しくないです。勿論、普通に鑑賞すれば、大変な重病で、それを患者に言えない。嘘をついて、出てきた。というのが、まっとうな鑑賞ですが、そうでなくても、患者さんがわかっているのに、嘘をついて、強がっているなんていうのも、一つの鑑賞で、いろんな方向から鑑賞できる、懐の深い句だと思いました。「病棟出れば」で、「病院出れば」ではない。まだ病院の敷地内。病院の敷地内の柿落葉なんです。そうなると、都会ではない、郊外の病院かもしれないということが想像できて、そうすると見舞にすこし時間をかけて来たのかもしれない。そうだと重病かもしれない。とか、いろんなことが感ぜられて、この句はなかなか上等な句でした。

茶の花や指図の僧の声太く

うまく行っているお寺ですね。これもね。大きなご法事があるんで、張り切って指示をしている。その法事の前の興奮ぶりが出ている。それを鎮めるように、茶の花がひっそりと咲いている。

花八手ケンケンパーで日が暮れて

なるほど、子供の頃の遊び、石蹴りをしていてる。さっきまで、花八手の白が見えていたのが、ちょっと薄暗んでくる。あ、日暮れだから帰ろうという、久保田万太郎にでも、ありそうな世界だなという感じがいたしました。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第42回 (平成17年10月7日 席題 案山子・秋の声)

遠目にも畦赤々と曼珠沙華

 いいですね。もぐらとか防ぐために、若干毒素のある曼珠沙華をわざと畦に植えるということがあるようです。それが功を奏して、畦全体が赤々と見えている。というのも、あの赤は曼珠沙華というのがわかる。なるほどこういうことはよくあって、先般、新幹線で旅をする機会がありました。ちょうど三島から沼津辺りにこうした景色があって、どなたかその近くの方かなと思ったら、その通りでした。

木の実拾ひて一行に遅れけり

 これは大分変えてしまって、元の形がわからなくなっているんですが、連句の方では「の」が残れば上等という言い方があります。連句は五七五と七七を繰り返してやりますけれど、後でもう一回見直して、執筆が手を入れることが多いんですが、ことに芭蕉の脇なんかだと、まったく違う句になってしまって、弟子たちは「の」が残れば、結構というんです。元の句は「一行に木の実拾ひをして遅る」。これはいかにも窮してる。「木の実拾ひ」という名詞をわざわざそこに入れる必然があっただろうか。それほどの必然性はない。「遅る」は終止形で、破綻は来していないんだけれど、いかにもリズムがわるい。掲句のように詠む方がずっと素直かなと思います。

蘂一本ずつに朝日や曼珠沙華

 渡り句ですね。全体は十七音節だけれども、五七五にはなっていない。「蘂一本ずつ」と言ったところが、曼珠沙華として、面白かったですね。よく見ると、赤いのが一つの花ではなくて、たしか六つの花がそれぞれ雄蕊を掲げているので、大きなリング状に見える。実はリング状ではなくて、小さい六つの花の集合体だと思います。そういう風に雄蘂の様子が反り返った、その一つ一つが、あまねく朝日を浴びているというところに、造化の神の大きさが見えてきて、いい句だなと思いました。

大川にぶつかる川や菊の酒

 これもいい句ですね。「菊の酒」は重陽の日のお酒です。ちょうど今日あたり、旧暦の重陽かもしれませんね。旧の九月九日の日に飲む酒は菊の酒と言って、命長らえる不老長寿の薬です。「菊慈童」という謡曲もあったと思いますが…。それと「大川にぶつかる川」とどういう関係があるか、別に関係はないんですが、大川にぶつかる川はいろいろありますけれども、何といっても、神田川でしょうね。しかも神田川というのは、江戸時代になって、伊達藩使って、聖堂の所を切り開いて、わざわざ迂回路にして通した。それまではゴミ処理場の脇の所からお堀に流れこんでいたんで、いつもお掘が水浸しになっていたんですね。それであそこの山を、駿河台を切って、そのまま神田川にして流した。いかにも大川にぶつかるという形で、柳橋の所でぶつかっています。そうすると、そういう掘削工事、あるいは柳橋の繁栄。そんなさまざまな時に菊の酒というのが、江戸のひとに好まれていた。そんな菊の酒というものの持っている、不老長寿の薬だよという言い習わしと、江戸の町が段々に出来ていく様子、それが面白い句だなと思いました。

朝寒や眉つりあげし石仏

 いろんな石仏があります。石仏のさまざまの中に、その一つに眉がつり上がったようなものがあったことよ。というので、同じ時間に散歩するんでしょうね。それが夏のうちは、日が昇っているんだけれど、段々秋になってくると、日が昇るか昇らないかの時間になってくる。朝の寒さを覚えている。そんな秋も大分深まった感じがしていると思います。