花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第65回 (平成18年2月10日 席題 実朝忌・片栗の花)

誘眠剤半分のんで雪を見る
夜、うまく眠れなくて、誘眠剤を飲むんだけれど、いつもは一錠飲むんだけれども、なんか眠れそうな気がして、半分だけ飲んだ。雨が何時の間にか雪に変わっている。戸をちょっと開けてみて、「あ、雪に変わったわ。」と言いながら、眠気がさしてくるのを待つ、静かな夜更けの時間。雨が雪に変わった状態が面白いと思いました。
湯につかりつゝ高窓の春の雪
これ、いろんな湯殿を想像できるんですが、僕が想像する湯殿は、ちょっと古いような、例えば山田温泉なんか、草津にもよくありますが、板がずっと高くあって、上の方だけがちょっと開いているような、そんなのが、よく温泉場の公衆浴場なんかにあります。そんな上の方の窓のところに、春の雪の切片が見えてをって、「あー、雪なんだ。」と思いながら、しみじみ湯に浸かってをる。 という場面を、私は想像しました。湯のたっぷりした温かさと、春の雪のゆっくりと舞い降りる様を楽しんでいる、そんな気持ちが伝わってくれば、この句はその役目を果たしているといえますね。
書割のごとき冬空雲一片
この句のいいところは、「雲一片」という字余りですね。「書割のごとき冬空」という言い回しは、今まで決してなかったわけではないが、真っ青な絵の具で塗ったような冬空。うーっと見回したら、そこに一つだけ雲があった。その雲をみつけた時の、心のちょっとした弾みが「雲一片」という音に出ていると言うふうに思われますね。
十歳を一粒として年の豆
子供の頃は、自分の年の数だけ食べたけれど、ある年を越したら、年の分だけ食べたら、おなかをこわしてしまう。十歳で、一粒ということにしておこうか。 という機転というか、老の賢さを感じさせる句だと思いました。
旧正や中華鍋(なべ)に絡む火龍のごと
この句の手柄は「龍のごと」というところに、大きな中華鍋の底を舐め回しているような、調理の風景を楽しんでいる。時あたかも旧正月であった。というところに、中華街でなくてもいいんだけれど、中華街の感じがしますね。『炒』とか『爆』とか、いろんな火の廻り方が中華料理にあるんですが、これは「絡む」だから、「炒」くらいでしょうかね。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第13回 (平成17年3月11日 席題 御水取(お松明)・アスパラガス)

地蟲出て相も変らず人愚か
虚子先生みたいな句ですね。「蛇穴を出てみれば周の天下なり」という「五百句」にでてくる句がありますが、あれと同じ境地でしょうね。年々歳々、毎年毎年、地蟲は出て来ては、半年以上地中に過ごして、また死んだり、穴へ入ったりする。また春になって地蟲が出てきてみると、「おい、相変わらず人間ていうのは、馬鹿なことをやっているね。」という、大自然の大きな営みの中での、さざ波のような人間の愚かな様々の日々が見えてきて、先生のお作りになるような句だなと感心しました。
廃校の決められてゐて開花かな
これ、面白いですね。人間が出たり入ったりして、過疎になったりする。そして、廃校になることが決まっている。その校庭の庭には、今年も去年のように桜の花が咲いたよ。というんだけれど、「(前略)桜かな」ではなくて、「開花かな」。ちょっと面白い、ある新しみがあって、面白いと思いましたね。勿論、花は桜の花です。
寺庇焦げよとばかり修二会の火
これもいいですね。こうやって、連想から句に仕立てあげる力というのは、なかなか大事です。そうやって作る力を鍛えていくことで、嘱目の時にぐんと深くなるので、大事です。しかも「焦げよとばかり」という持っていき方がいいと思いますよ。
友としてかつぎし棺春の雪
棺は柩という字があるんだけれど、どちらがいいんでしょうね。柩をかつぐ人数はせいぜい六人、息子や甥とか。ひじょうに特別な友人で、ぜひかついで下さいと家族達にも言われる。そういう間柄だった。そういう感じがよくわかって、春の雪の淡い悲しさも一段と。特別のやつだったのにな。向こうの家族も俺を特別と思っていた。そういう人なんだということがよくわかって、こういう句を見ると、俳句は散文よりも深いことを言えるという気がしますね。
湯気立てる白アスパラのしたり顔
この句を採るか採らないか、悩んだんですが、この句を読んで、鼻のところに茹で上がった白アスパラのにおいがしたんで、採りました。最近は日本でも、白アスパラがよく出てくるけれど、昔は缶詰しか出てこなかった。フランスに行くとアスパラガスの季節が決まっていて、突然パリ中のマルシェに白いアスパラガスが出てくる。マルシェの金物屋さんに円筒形の白いアスパラガスを蒸す鍋が出てくる。季節感そのもの。うまく茹で上げられたばかりのアスパラ、それを茹で上げた主人はやったーという気持ちがして、茹で上げられたアスパラガスはやられたという、したり顔をしている。日本だと食べたいものがあると、二月、三月前から出るけれど、あの国の人は出るまでじっと待っている。いかにもこれだという気がしていただきました。
白梅に肩をいからせ烏をり
この句、面白いですね。何で烏が肩をいからせるか、わからないんだけれど、見ていたら、烏が妙に好戦的というか、威張りまくって「寄るな。」と言っているような、そんな烏の感じが白梅でいっそうその黒さが強調されて面白いと思っていただいた次第です。