花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第53回 (平成17年12月9日 席題 火事・枯茨)

富士を見つ小春の海をたのしめり

これは若干主観的な句ですが、どこか湘南あたりの、あるいは房州でも見えるんですけれども、そんな小春の海を静かだなあと思って、見ている。そして、富士が見えていて、喜んでいる。これは僕ら、関東人から見ると、当たり前の景色なんだけれど、日本の全国的な見地からすると、これは決して当たり前の景色ではなくて、関東の独特の景なんですね。裏日本へ行ったら、そんなことはない。そういう点で、面白いと思いましたね。

夜の火事湖水を染めて空を染めて

元の句、「夜の火事湖水を染めて空を染め」。こう言うと、シンメトリックな面白さが生きていないんですね。「湖水を染めて空を染めて」と字余りにすると、そのシンメトリーの並列した面白さが出る。それを字数を気にして、原句のようにしてしまうと、その面白さが出ない。この句は「夜の火事」というのが、よく生きていますね。どこかの湖で、夜の火事をご覧になったことがあるんでしょう。夜の火事の方がこわいですね。燃えた方にはわるいんですが、きれいな句です。

火事あとの何時通っても更地なる

元の句、「何時通っても更地」。字足らずより、「更地なる」と、「なる」をお入れになった方が、よろしいんではないですか。面白いですね。火事があって、「ああ、大変。あそこ火事があったそうだ。」そのうち整地をして、蛇口が一つあるくらいで、更地になっている。いつか建て替えるんだろうとなんて言っても、いつまでも更地のまま。きっと、火事になって、いろいろと揉めたり、駐車場にしようかという案が出たり、うまく行っていないんだろう。火事跡を詠みながら、火事跡をめぐる人間模様まで見えるような「あの家、どうしてしまうのかしら」という感じがあって、面白いと思いましたね。

枯色の朴葉も無人スタンドに

「無人スタンド」で、はたしてお百姓さんがやっている、ほうれん草百円、大根百円ていうのがありますね。それと言えるかどうか、ちょっと不安はありますが、普通なら野菜を売っているのに、何と朴葉を十枚くらい、まとめて売っている。こんなの、売れるのかしらと思いながら、通ったという、そんな近郊農村の姿が見えてきました。

片方になりし手袋捨てがたく

いいですね。いろんな解釈ができて、まだなくなっちゃったばかりだから、出てくるかもしれないという気持ちのある無念と、実はその手袋は思い出があって、誰々からもらった手袋であるとか、そんなことがあって、わかっているけれども捨てられない。どちらで解釈しても、こういうことはよくあることで、面白いと思いました。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第50回 (平成17年11月11日 席題 八手の花・鷲)

見つめればこれも花なり花八手

 こういう作り方があるんですね。これも花なりと言われてみれば、そうかなと。この句のいいところは、「これも花なり花八手」の花の音の繰り返しに、ある気分がある。と思われました。

稲雀風にさからひ飛び立てり

 これ、うまいですね。どちらから飛んだっていいんだけれど、風に逆らって舞い上がった時には、稲雀の形が全然違う。煽られて、雀の形が乱れてしまっているんでしょうね。そこにある哀れがあって、なるほどなと思いました。

点々と猫の足跡冬廊下

 「冬廊下」はちょっとつらいんだけれど、あら、どこから上がってしまったのかしら。と、舌打ちする感じはよくわかります。そして、冬廊下ということで、磨かれて、よく拭き込まれている廊下だってことも、よくわかります。

シャンソンの教室いでて小春かな

 これもいいですね。いかにも日本らしい小春という季題と、シャンソンの教室があるというところで、パリにも小春なんてあるのかなあと思いながら歩いているという感じもすると思います。

冷ややかにイサムノグチの石ひかる

 最近どっかで展覧会をやってましたね。なるほど、今までになかった日本人離れしたフォルムみたいなものが、「冷ややか」という捉え方になるんだろうと思いました。