花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第54回 (平成17年12月9日 席題 火事・枯茨)

枝はなれて落葉が土に触れる音

こういう句は、俳句の一つのやり方ですね。実際に音がかさっとしたかどうかは別で、主観の中では、枝を離れてその葉っぱが地に落ちた時に、かさっと音が聞こえたような気がした。もっと大袈裟な人は、蝶ちょが落ちて大音響の結氷期という句がありますけれども、作り方は別です。この句,実際に音がするしないとは別に、心の中で「かさっ」と音が聞こえたような気がした。というのは、ひじょうに細やかなセンスの句で、いいと思いますね。昔、「葉っぱのフレディー」という絵本が流行ったことがありましたね。それを、ふと思いました。

白樺は薙をなだむる冬木立

これは実によく白樺をご存知の方の句だと思いました。雪崩みたいになって崩れた跡が薙。なぎ倒されて、地肌が出てしまっている、それが薙です。実はそういう所の木としては、白樺は成長が早いです。白樺はすかすかですね。軽くて、すぐ伸びてしまう。土砂崩れのあとで、最初に木立を形成するのは、なるほど白樺が向いているかもしれない。そう言われてみると、露わに削れた山肌をいつの間にか冬木立が覆ってをった。それは白樺であった。冬木立ですから、葉っぱが落ちて、白い幹が見えていたんでしょうね。何か自然の大きなサイクルに触れるような、いい句だと思いました。

岬なる弾薬庫跡枯茨

これは三浦半島なんかに、あちこちあるんですね。砲台があって、砲台の玉の弾薬庫があって、昔の三浦半島の地図って真っ白なんですね。要塞地帯なんで、地図になっていない。この句はまさにそういう要塞地帯の句です。

サイレンの遠く近くに夜の火事

これもさっき、ちらっと言いましたが、夜の火事というのは、遠くでもひじょうに近く感じるものです。ああ、近いなと思っていると、サイレンの音が遠くの方の音も、近くの方の音も、何台もそこに向かって、消防自動車が走っているという感じがあると思います。

一組の蒲団干さるる山家かな

寂しい句ですね。山家で、元は何人も住んでいたんでしょう。ふっとハイキングがてら、山里の村に入っていったら、山家が一軒あって、その日向の二階の窓に、掛け布団と敷き布団と枕かなにかが上に置いてあって、ちょうど一人分の布団が干してあった。あ、結構大きな家なんだけれど、一人住まいなんだな。いろいろ、亭主に先立たれたとか、子供たちが出ていってしまったとか、何人も住める大きな家なのに、今はたった一人の布団が干してある。というと、何かしみじみとした哀れがあって、あすこの家にもいろいろあるんだろう。と、何かポッポ屋みたいな感じがしますね。一人住まいのわびしさがよく出ていると思いました。

花鳥諷詠ドリル ‐主宰の句評‐ 第3回 (平成16年12月10日 席題 鰤・紙漉)

黒マフラー跨ぎ人過ぐ銀座かな

この句、面白い句ですね。「マフラー」が季題です。高田風人子という作者に、「マフラーや銀座新宿人違う」という句があります。まあ、それは昭和二十年代の銀座と新宿の違いでしょうね。今はそれほどの差があるかどうかわかりません。ただ、黒マフラーというものの持っている、あるシックな気分と銀座。そして皆跨いでいく。拾って、落としましたよとは、誰も言わないという、一つの銀座というものの様子が出ているなと思いました。

 

下足札持ちて座敷へ三の酉

一の酉、二の酉、三の酉で、今年は三の酉までございました。勿論、酉の市の帰りに流れるのは、いい人は浅草へ、わるい人は吉原へということになるんです。この人はよい人で、浅草へ流れたわけですね。米久だとか、どこかわかりませんが、そういう大きな、印半纏を着た下足番がいるような、そんな所に、「まあ、久々ね。」と、米久だと太鼓がどんどんと鳴って、上がっていく。というような、寒いところを来た。でも、店に入った、くつろいだ気持ちが出ていて、よろしかろうと思います。

 

冬木立遠き景色も招き入れ

この句は、採るか採らないか悩んだ末に採ったんですね。この句、とても奥深い句で、「招き入れ」というところに、実にうまい景への心の傾きが出ていると思います。ただ、ちょっとわかりにくいところもあるんですね。冬木立に透けてくるんだけれども、冬木立の隣った分に遠い景色を招き入れるともとれるし、自分の家の窓の景として、冬木立が透けたために、窓の景として招き入れることが出来たともとれる。そこのところが、若干、焦点が絞り切れていないところがあるんです。ただ、景を「招き入れ」るという表現には、ほとほと感心をしたわけです。

 

葉牡丹のひしめき合へる花壇かな

これもなかなかまっとうな句で、花壇がちょっと傾斜しているような気がして、面白いなと思いました。

 

短日やけふの仕事をまた延ばし

ただでさえ日が短いのにまたこの仕事を延ばしちゃった。ということで、よくわかる。師走とは言わないけれど、気分は師走であるということですね。