雑詠(2013年12月号)

亡き母が門火跨いで来たりけり    矢沢六平
二の丸の石垣下に飴湯売り
しみじみと一汁一菜今朝の秋
新涼や屋根診にきたる屋根の上

をとこらは寝ねて炬燵にをみならよ	藤永貴之
秋冷の宿の湯呑に酒を酌む		櫻井茂之
笹鳴や大石主税終焉地		山口照男
盆踊勤め帰りも加はりて		小林一泊

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.