雑詠(2012年10月号)

越えて来し河幾(イク)流(ナガレ)旅涼し	児玉和子
勝手口の建て付け悪しなめくぢり
琅玕を斜めに横切り竹落葉
梅雨濁りしてゆるくと神田川
潮に腰おろしてしまひ潮干狩 木下典子 葉桜を仰ぐや何を話さずとも 梅岡礼子 引つ掛かり頭塞がれ実梅採る 塩川孝治 収骨を待つ間の窓に竹落葉 原田淳子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.