雑詠(2012年8月号)

国宝を守りて一村長閑けしや		磯田和子
三重塔より高く古巣かな
先づ黄色咲いて次々チューリップ
良寛の庵へ続く竹の秋

げんげんに顔を寄すれば蜂もまた 田中 香 軽く吹くこつを覚えてしやぼん玉 深谷美智子 引越しの荷を降ろしをり風光る 飯田美恵子 花の雨福龍丸の覆屋に 児玉和子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.