雑詠(2012年5月号)

遅参詫びつゝ著ぶくれを解いてゆく	櫻井茂之
門松を立てて無人の漁協かな
初雪や向かうのビルの窓に顔
時雨るゝや山より里を見れば虹
都府楼址平らかにして夕時雨

池橋の一つは土橋実南天 児玉和子 庭滝やまことしやかに腥く 藤永貴之 スケートのコーナリングの大人びて 矢沢六平 滑りゆく艀も冬の灯かな 田中 香
 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.