「夏潮 第零句集シリーズ Vol.8」 川瀬しはす『TKS』

「夏潮 第零句集シリーズ Vol.8」 川瀬しはす『TKS』~Tanoshiku Kyo-mo Susumoo~

 

 「夏潮第零句集シリーズ」。第8号は川瀬しはすさん。

しはすさんは、昭和四十三年生れ。慶應義塾大学在学中に教養課程の「日本語表現論」で本井英主宰に巻き込まれて俳句と出会い、「惜春」を経て「夏潮」に参加。お仕事などでお忙しく、一時俳句を中断されていたようだが、現在では「夏潮」に投句して頂いている。

 主宰の前書きにもあるとおりとにかく明るい方で、俳句もそのような前向きなエネルギーにあふれている。季題に対して前向きに、ご自分の主観をぶつけていられる俳句が目立つ。その一方表現としては言葉に無理をさせないよう、抑制されている。一部取り合わせが平凡と思う句も散見されたが、それはこれから沢山の俳句を残されていくに連れ洗練されていくことと思う。

 

マフラーのたてがみのごとバイク乗り しはす

 

 季題は「マフラー」。下五が「乗り」と動詞で扱われているので「自」の句として鑑賞した。

 バイクに乗ってかっ飛ばしている際に、自分のマフラーが棚引いている。それを馬の「たてがみ」のようだと表現された。冬の季節のバイクというのは風が冷たいものだが、この句の場合はそういうネガティブな部分は見当たらず、前向きに実に楽しそうな様子が浮かんでくる。空も素晴しい天気であったのだろう。

 

トラックに塩振るごとく霰振る しはす

 

 季題は「霰」。この句も楽しい比喩を用いている。霰が降るような時は、大概くらい雰囲気であると思うが、トラックの荷台にぱらぱらと降る霰を塩と見た。「塩を振る」と言われて見ると一気に光景が軽妙な感じられる。お仕事柄、納入に来た業者と搬入口で軽口を叩き合っているような景が勝手に浮かんだ。

 

『TKS』抄 (杉原祐之選)

風光る水銀柱は十八度

左義長の破魔矢の鈴焼け残る

マフラーを著しケロヨンの置かれあり

いやいやとそうそうと揺れ玉椿

蜻蛉生る峠の道は工事中

灯台の町は恋猫多き町

あたたかや下の歯生えて笑ひたる

マンションに囲まれてゐる盆踊

手術着の汗の行き場のたよりなき

建ち並ぶハイツにコーポ芝櫻

 

以下、川瀬しはすさんにインタビューを行いました。

Q: 100句の内、ご自分にとって渾身の一句

>A: 風光る水銀柱は十八度

渾身、というよりも捨身の一句。まだ俳句を始めて間もない頃の慶大俳句の富山合宿の帰りのこと。大先輩の故大島民郎さんと大阪に向かう列車の中で二人句会をするハメになり(失礼な話だが、その時初心者のワタシはホントにそう思った)、その場でとっさに作った句。しかしながら民郎さんはとても褒めてくださり、おかげで俳句を続けることができたと言っても言い過ぎではありません。もしかしたら俳句がイヤにならないように褒めてくれたのかな?ありがとうございました。合掌。

Q:100句まとめた後、次のステージへ向けての意気込み。

A:なるときはなるがよし。俳句を作り続けること。おいしいものを食べること。旅にも出ること。そうすれば人生の中で新たなステージがやってくるでしょう。でも来たチャンスは逃さないこと。

 

Q:100句まとめた感想を一句で。

A:四月馬鹿云ふも縁のなれとせん

Q:句集のタイトルの『TKS』について

A:検索サイトでTKSと入力すると何が出てくると思いますか?

1.AKB48の妹ユニット(地名は群馬県高崎市と思われる)

2.ソ連の宇宙運搬船

3.ありがとうのスラング、Thanksの略

4.TaKarazuka-Shi

5.Takahama-KyoShi

本当に検索して出てくるのは2です。地味に活動していた縁の下の力持ち的な宇宙運搬船だったそうです。あとがきにも書きましたが、俳句のどこかを担っていきたいという思いとシンクロして、いいタイトルになったなー、と考えています。

相模原市在住のモモエさんからは、何故TKSというタイトルだったの?との質問がありました。私の正解は、3の気持ちに、1の時代性をかけた、です。

誰も正解はなかったと思います。3も本当にそう言うのか?というと間違いかもしれず、自信はありません。

早速使おうと思ったアナタ、恥をかいても私のせいにしないでください。ただ、ロンドン在住が長かった方のメモにTKS!と書いてあったのは事実です。

後付けで4(住んでいる)5(夏潮といえば!)も考えてみましたが、5あたりは本井先生にシバかれそうですね。

あとイロイロ考えてみました。「タカシ」(誰やねん)「タケシ」(前のとかぶってるでー)「高島屋」(勤めてる会社違うし←石川陽一郎先輩ゴメンナサイ)「T食べるK食うS寿司」(富山に行くとまさにこんな感じ)「T止まらずK転ぶSスキー」(富山に行くとまさにこんな感じ)「TタカハシKかっ飛ばSせー」(ちょっと苦しい。高橋由伸今シーズン大丈夫か)「TタイガースK勝ってS三位」(また野球でかぶった。クライマックスシリーズには出れます)。

オチはこのあたりでいかがでしょうか。「T足りないK川瀬Sしはす」これにて失礼いたします。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.