題詠でGO!【英後選】

題詠でGO!【英後選】
1.三月二十九日 「春炬燵」「田楽」
廊曲がり曲がりて部屋へ春炬燵 かおる
田楽にたつぷり塗るや手前味噌 三佳
田楽やくはへて串を引き抜きて かおる
母のまた同じこと言ふ春炬燵 照子
見舞状したゝめてゐる春炬燵 三佳
宿坊の部屋の真ん中春炬燵    美穂
持ち寄りし菓子美しき春炬燵 照子
荒れて来し海を眺めて春炬燵 祐之
春炬燵温めてありて旅の宿    美穂
折り紙の麒麟三頭春炬燵    昌平
2.三月三十日 「春灯」「亀鳴く」
歳を数えること止めて亀の鳴く 美穂
送別の寄書色紙春灯下    三佳
春の灯や迷路めく路地神楽坂 明朗
春灯下学用品に名付けして    三佳
春灯や厨子のうちなる飛鳥仏 照子
亀鳴くや政争民を置去りに    祐之
コテージの裸電球亀の鳴く    かおる
3.三月三十一日 「浅蜊」「竹の秋」
投句:かおる、照子、明朗、昌平、和子、美穂、祐之
良寛の庵へ続く竹の秋    和子
造船所見えゐて浅蜊ほつてをり 照子
暗がりにこそと浅蜊の動く音 美穂
友眠る小高き墓地の竹の秋    明朗
舌噛んで浅蜊の口の半開き    かおる
掘り当てし浅利の粒の大中小 昌平
マフラーを二本突き出す浅蜊かな かおる
尻濡らすことも楽しく浅蜊掘る 明朗
4.四月一日 「桜」「菜種河豚」
放られしままに乾びて菜種河豚 和子
灯されて色を変へたる桜かな 和子
朝桜ロビーに流すモーツァルト かおる
菜種河豚膨らみながら捨てらるゝ 泰三
寺も町も人も桜に見え隠れ    美穂
市場より海へ放られ菜種河豚 祐之
昨日来て明日は帰る夕桜    かおる
誘はれてのぞく朝市菜種河豚 照子
小さき窓より大桜仰がるゝ    泰三
二三輪咲きし桜の愛ほしき    明朗
以上、四日分の選句稿です。

2 comments to 題詠でGO!【英後選】

  • okojo
    仕切ってくださって有難うございました!結構大変だったのではと思います。。。お疲れ様でした。 初めてのネット句会、座を共にする句会や吟行会とはまた違った楽しみ方ですね。
  • GO!LEAFS!GO!
    4日間後参加いただきありがとうございました。 いえいえ規則正しく早寝早起きを心掛けるだけでした。 またwebを使ったこのような試みをしていきたいと思います。 次回は幹事役をぜひお願いします!

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.