雑詠(2019年4月号)

ゆるやかに道曲がりゆく枯木立		山内裕子
庭園の外へも銀杏散り続く
被服廠跡の公園銀杏散る
排気塔の蒸気濛々冬の朝
草揺れて笹鳴少し遠ざかる
心中を聞かなくなりて近松忌		津田祥子
笹鳴のここにも聞こえ帰り道		玉井恵美子
ストーブにおでん鍋ある定食屋		田中 香
沼よぎる寒禽なにか言ひ残し		梅岡礼子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.