主宰近詠(2018年10月号)

はまばう・はまごう   本井英

土塊が割れ新藷の赤のいろ

小暗きをさらに下れば氷室跡

氷室口溶岩(ラヴァ)をいかつく積み上げて

片舷にかたむくボート夜光虫

さし入れて五指のかたちに夜光虫




覆ひして大護摩壇や油照

駐車場に朝の体操月見草

貧相な男が佇てる月見草

開ききりて二十幾弁紅蓮

踝の高さにひらき凌霄花




駒草の影を朝日がいま作る

夏潮へと延べあるレール造船所

はまばうの黄のやはらかく新しく

はまごうの咲きひろごりて静かなる

夏蝶や朱の斑を見よと翅ひろぐ




病ひには触れず日焼を褒めくれし

こもろ日盛俳句祭 四句

虚子庵の天井黒し夏の雨 虚子が棲み紅花守りし黴の庵 涼風や改札柵をあふれ吹き 山百合のくだけちらばり嵐あと

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.