雑詠(2018年7月号) « 夏 潮

雑詠(2018年7月号)

水に散る一人の影や蜆舟                         辻 梓渕
梅の寺多摩の横山指呼にして
鐘楼の棕梠の橦木のあたたかし
地図に載る大きな中州水温む

妻の髪娘の髪に落花かな        原 昌平
江ノ電の谷底行くや山笑ふ       岩本桂子
お見合の席とは知らず雛の間      井上 基
句は淡く句評は濃ゆく梅日和      杉原祐之

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.