主宰近詠(2018年7月号)

旅愁さらなる  本井英

惜春の旅にあり鶏鳴も聞き

芥川荘と(ナヅ)けて籘寝椅子

熊蜂の宙を領して唸りやまず

行く春の笯をあらためてまた(イケ)神饌田(ミ ケ タ)なる代田の水の澄みわたり




選挙カーの声の遠さに夕桜

橋桁をくぐり遊びてつばくらめ

雉啼けば旅愁さらなる朝の窓

朝餉まで躑躅の庭をたもとほり

小綬鶏のさらに遠くで雉の啼く




青蘆の侵入したる売地かな

初心者は初心者向きの波に乗り

乗りくだる崩れはじめてをる波を

サーファーのもんどり打つは常のこと

棲みつきしサーファーの庭芥子の花




気取りなく広き宿庭野蒜生ひ

逗留の日々紫蘭咲き増ゆる日々

紫陽花は対の若葉をうち重ね

河口なる弘法麦の穂ぞ青き

癒えてゆく暮らし日焼けも少しせし

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.