主宰近詠(2018年5月号)

一俳誌  本井英

雪しろや信濃を出でて信濃川

旧正のホ句を持ちより集ふなり

旧正を言祝ぎ集ふ一俳誌

旧正の濠のあなたの岡辺かな

旧正を暮れ方ちかく訪ひくるる




雨止みて外あたたかとナース言ふ

見舞ひくるる人無きままに日は永き

クレーンが遅日の空にまだ働く

文学碑麓にありて山を焼く

ドローンぞ野焼の空に音たかく




これ以上ひらくあたはず犬ふぐり

吾妹子の背中ぞ遠きつくつくし

海苔の潮充ちわたり日はさしわたり

海苔を干す香り一村領したり

若布干す小浜々々をたどり来し




朝寝またかりそめならず恙の身

点滴の外れて朝寝うまかつし

今朝も空碧しミモーザ黄を兆し

晩節へ踏み出す一歩木の芽風

手負ひの身ながら青きを踏まんいざ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.