滝水のぐうんと伸びて落ちにけり 山本道子 « 夏 潮

滝水のぐうんと伸びて落ちにけり 山本道子

 季題は「滝」。古くは「滝見」といった人事季題として「夏」であったものが、近代になって「滝」だけ独立して季題になったという。「滝」と「水」の関係を無機質的に表現した句としては〈滝の上に水現れて落ちにけり 夜半〉があまりにも有名だが、掲出句も負けず劣らず、「滝」そのものを執拗に写生した賜の句と言える。

 下から滝を仰いでいると、滝口に現れた「水」が、垂れ下がった途端に「ぐうん」と「伸びて」、それまでの「水」の密度とは異なる希薄さを呈しながら下降し、滝の中ほどからは、それが千切れて、さらに細かく破砕されながら滝壺に躍り込む。こうしたプロセスを読者にきちっと提示してくれた一句である。

 写生ということは、我々花鳥諷詠の徒の基本的な態度であるべきで、こうした地道な句作りを忘れてはならないと思う。(本井 英)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.