主宰近詠(2018年1月号)

柿もいでくれもする   本井 英

山梨の(カス)口中にほの甘し

水仙の芽だち袴も行儀よく

鶺鴒や追ひ越しさうに追ひすがり

秋風に鷺の綿羽吹かれどほし

 

木曽三川

河の秋輪中(ワジユウ)浮かびし世々のこと




桑名城
戦はず開きたる城曼珠沙華 菊人形の手摺のにはか造りなる 菊人形の草摺ことに華やかに 灯を消せば菊人形の香ぞ満つる 老木にいたはしきまで新松子




胴の間に積む蛸壺に秋の雨

秋雨にA旗掲げて浮かびをり
「A旗」は潜水中の意の信号旗
ソウル清涼里
尼寺の尼柿もいでくれもする




 
慶州
いかのぼりを野分の空に放ちたる 山雀や一旦藪へ消えてまた 山雀の頰つぺたの薄汚れたる 初鴨のすべなく降られをるばかり

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.