雑詠(2017年12月号)

ででむしをつまみ地球と切り離す		磯田知己
形代に老若男女表裏無く
歩行者用ボタンを押して片陰へ
空蟬の中は随分窮屈さう

浜木綿の明日咲く蕾への字なる		早稲田園子
白鍵に沈める指や夜の秋		田中 香
垣根なき海辺の暮らしカンナ赤		小川美津子
かもめ現る夜涼の船の灯の中に		津田祥子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.