主宰近詠(2017年12月号)

口うるささよ  本井英

叔母ひとり手狭まに暮らす残暑かな

新松子まつぼつくりも脇になほ

自転車の胸から上が蘆原を

沼風のおよびてはをり夏蕨

雀蜂に喰はれて蝶は翅四枚




秋鯖の腹のほのかに黄をおびし

あをあをと紡錘(ツ ム)のかたちに烏瓜

秋灯にあからさまなり御前立ち

鮒用の道具ですがと鯊を釣る

眺望や島崖は枸杞咲きさかり




女郎蜘蛛肥えてゆく日々空碧し

寺女の口うるささよ萩に雨

浜にはや佇む影は月の友

赤蜻蛉簗場の空の広からず

丘空に湧いて運動会の楽




裾風に雁金草の浮き上がり

林中の説明板の蛇拙な

蒲の穂の(シシ)むらだてるあたりかな

稲架の影稲架を外れてありにけり

風のよく通へる落穂拾かな

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.