月命日カーネーションを束にして    羽重田民江

 季題は「カーネーション」。母の日の贈り物として使われることが多いが、初夏の花としてもさっぱりとして好感の溢れる花である。「月命日」は毎月ごとの「命日」。毎月、墓参を欠かさぬ人もあるし、仏壇で懇ろに経を読むという人もある。

 「仏様」の生前、「母の日」には必ず「カーネーション」の贈り物を欠かさなかった作者。月命日の「花」には生前を思い出して、同じ「カーネーション」の花束を供花として捧げたというのである。作者にとって実の母であったのか、それとも義理の母であったのかは分からないが、しみじみとした「深い情」が伝わってくる。(本井 英)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.