主宰近詠(2017年9月号)

自転車で 本井英

忍冬の蕾ぞ袋角に似たる

瀧道を出て夏雲に迎へらる

芍薬の蕾天窓ひらきけり

麦熟れて金といふ色したしめり

村潰えゆけば一面夏蕨




濁り鮒堅田夜話とてその昔

桟橋は板はづされて濁り鮒

夜が明けて見渡されたる出水かな

蟻地獄ごと手放せしわが家はも

緑蔭に放水銃のそれとなく




ぶつつりと胴を断たれて蛇乾く

市松に貼りて青芝雨が欲し

谷戸さらに深くあるらしほととぎす

ホスピスの夜の更けてゆくビールかな

稜線のにはかにひろし花あやめ




けふも降る閏五月の海の町

バスケットゴールが一基草茂る

虎の尾のおよそは同じ方へ尾を

屈託の極みの声を梅雨鴉

茅の輪くぐりて自転車で帰りゆく

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.