雑詠(2016年7月号)

ただいまと人戻り来る花筵			青木百舌鳥
春泥や法度煩き法の庭
ひとひらの落花にくぼむ水の面
春雨や花屋の床に葉屑散り
雛の間に先代からの湯治客		浦木やすし
襞寄せて音なく芹の水流る		園部光代
鉄工場盆もて配る真桑瓜		山口照男
剪定の枝堆く梅畑			宮田公子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.