雑詠(2016年3月号)

鴨の群投網のごとく着水す			山本道子
銀色の朝の水に鴨浮寝
小流れに歩幅の土橋杜鵑草
ホームより鴟尾の見えをり紅葉山
捕らへられ撲たるる鮭を目のあたり	高瀬竟二
卵よりしばし離れずいぼむしり		藤田千秋
亥の子餅楕円形して同じ向き		小沢藪柑子
客仏は客仏のまま笹鳴ける		中島富美子

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.