雑詠(2016年2月号) « 夏 潮

雑詠(2016年2月号)

神これを養ひ給ふ稲雀			鳥山一枝
空青く月金色に現れし
末枯の蘆に夕日の惜しみなく
とみかうみ松の手入の念入りに
松手入終へし匂ひや皇居前		辻 梓渕
夜が来れりかまくらに雪国に		藤永貴之
磯鴫の声にかぶさり波の音		柳沢晶子
一ト風に野火また走り出しにけり	櫻井茂之

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.